ワールドカップ2006

2006/07/10

「悪」のマテラッツィ

 ITA-FRA(マッチ64)のバドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチはピルロに輝いた。しかしこの試合の主役はマテラッツィだ。

 刺青だらけのこの男、開始早々、マルーダを倒してPKを取られる。触れたかどうかもはっきりしない微妙な判定だった。約10分後、自力で取り返す。ピルロのコーナーキックをビエリの後で頭一つ高くジャンプし、強烈なヘディングシュートを決めた。

 そして、延長後半6分、ジダンを執拗に「罵り」、ジダンを「挑発」した。ジダンは、ぶち切れ、マテラッツィに頭突きを食らわせ、退場処分を食らった。

 PK戦では、2番目に登場し、ブーイングの嵐の中、何事もなかったかのように、冷静にゴールを決めた。

 このマテラッツィ、当初はレギュラーではなかったが、ネスタが怪我をしたので、出番がまわってきて大活躍した。途中出場したチェコ戦では、マン・オブ・ザ・マッチに輝いている。サッカー大国の底力を感じさせた。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何があった、ジダン

 2006 FIFA World Cup Germany、決勝はフランスとイタリアの対戦となった。1対1のままPK戦にもつれ込み、イタリアがワールドカップで4回目にして初めてPK戦を制した。

 ジダンが、延長後半6分、ボールに関係ないところで、マテラッテイに頭突きをくらわした。主審は見ていなかったが、イタリアGKブフォンが指摘し、第4の審判が目撃していたので退場となった。テレビカメラもしっかり捉えていた。英雄ジダンの最後の試合は、選手に対するヘッドパッドで終わった。その前のボールに対する強烈なヘッドパッドは、ブフォンの好守に阻まれた。

 インタビューなどを聞くと、ジダンはお温厚な性格と思われるが、実際は非常に短気できれやすい。1998年フランスW杯で南アフリカの選手を両足で踏みつけ、2試合出場停止。2000年チャンピオンズリーグではハンブルガーSVの選手へ頭突きで、5試合出場停止。2004年にはムルシアの選手に対して頭突き、2005年にはビジャレアルの選手に対して平手打ちなど、瞬間的に頭に血がのぼりやすい。

 今大会でも、韓国戦で警告累積2枚で、次の試合が出場停止になった際、競技場の扉を蹴って壊した。通常は修理されるはずだが、競技場側は、「サッカー史上最も偉大な選手の一人に蹴られた扉」ということで、そのまま保存することを決めた。

 最後の試合が、ワールドカップの決勝で、頭突きで退場、本来より9分早く引退を迎えてしまった。ほんとうにジズーらしい選手生活の終わり方だ。延長前半のヘディングシュートが決まっていたら、真の「伝説」になっていたんだが・・・

 日本のマスコミは悲しい幕切れなどと書き立てたが、今夕になって、ジダンが記者投票によるMVPに選ばれたというニュースが飛び込んできた。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

日本が3位決定戦に

 日本サッカーのレベルは上がった。予選を突破して出場し、一次リーグでも互角に戦えるようになった。でもアジアのレベルはやはり低く、4チーム出場は多すぎた。次回はオーストラリアも予選に参戦し、出場枠も減るだろうから、予選突破は厳しくなる。

 そして、日本のサッカー審判も認められた。決勝トーナメントを裁く審判は一次リーグの判定を評価されて決まる。3位決定戦の審判に日本チームが選ばれた。主審を日本の上川徹氏、副審を日本の広嶋禎数氏、韓国の金大英氏が担当する。

上川、広嶋氏が3決 日本人審判員でW杯初

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/05

PK戦はデーター戦

 ドイツはイタリアに勝てませんね。やはり相性というのがあるのでしょう。イタリアは、延長終了間際、見事なラストパスとシュートを決めました。ドイツは自信を持っているPK戦に持ち込みたかったでしょう。試合内容が濃かったので、120分間あっという間に終わってしまいました。

 さて、PK戦ですが、ドイツはデーターを集めて詳細に分析し、アルゼンチン選手がPKを蹴る方向をつかんでいたようです。蹴る順番もわかっていたとのこと。確かにレーマンの飛ぶ方向は全部当たっていました。対照的に、アルゼンチンキーパーの飛ぶ方向は、ほとんど外れていました。ポルトガルのキーパー、リカルドもイングランドのPKをことごとく止めましたが、データーが当たっていたのかもしれません。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/03

「年寄り」大健闘

 ワールドカップサッカー、フランスチームの平均年齢はきわめて高い。「昔の名前で出ています」というイメージだった。予選リーグは、スイス、韓国と引き分け、トーゴには勝って、かろうじて決勝トーナメントに進出した。

 決勝トーナメント1回戦では、スペインに逆転勝ち。ジダン34才が輝きはじめた。そして準々決勝、優勝候補筆頭のブラジルを堂々と実力で撃破した。

 中盤の底、マケレレが33才、守備の要、センターバックのチュラムは34才、攻守に活躍したビエラも30才。彼らの身体能力の高さと読みの鋭さは際だっていた。ビッグネームが揃うブラジル選手に対して、1対1の局面でも決して負けなかった。ブラジルの攻撃は完全に押さえ込まれ、枠内シュートは後半ロスタイムの1本のみだった。蛇足だがキーパーのバルテスは35才だ。

 攻撃では、ジダン34才が輝いていた。そして、唯一の若手、リベリー23才が目立った。精力的に動き、スピードあるドリブルでブラジルデフェンスを切り裂いた。

 中二日で厳しい試合が続く。ベテラン勢の体力がもつか。それが問題だ。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

ゲルマン魂

 ドイツは負けていても決してあきらめない。ねばり強く攻め続けて追いついてしまう。ドイツの追いつめられたときの強さは、「ゲルマン魂」と言われていた。

 今大会準々決勝、アルゼンチン戦でもゲルマン魂はいかんなく発揮された。後半早々に1点をリードされてから、必死に攻め続ける。運動量は全く落ちない。そして、残り10分同点に追いついた。そしてPK戦で勝利した。勝敗を分けたのは精神力だった。

 アルゼンチンはキーパーが後半途中に負傷退場したのが響いた。交代カードを1枚失ったのも痛かったし、PK戦でも不利になった。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/26

時間が不透明

 今朝は4時に起きて、ポルトガル対オランダ戦を見た。日本対ブラジルは寝こけていたのに(^_^;) 白熱した闘志溢れる試合だったが、反則のきわめて多い大荒れの試合になった。イエローカードはポルトガルに9枚、オランダに7枚も出た。イエロー2枚で、各チーム2人ずつ、4人もの退場者を出した。

 ポルトガルは1点リードしていたので、あらゆる手を使って時間の浪費にかかる。キーパーが遅延行為で警告を受け、デコが相手のフリーキックの際にボールを渡さず、2回目の警告を受け、退場、次のイングランド戦に出場できないという痛手を負った。

 アメリカンフットボールを見慣れていると、サッカーの試合時間のいい加減さはいやになる。競技の性格上、ロスタイムは、主審の裁量に任されるのは仕方がない。問題は、何がロスタイムなのかはっきりしないことだ。主審が無駄な時間と認めて、時計を止めたとき、全員にわかるように、主審の時計に連動して、競技場の時計を止めるべきだ。そうすると、ロスタイムがいつ取られたかはっきりするし、試合終了時間もはっきりする。フェアーな試合時間であって欲しい。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/24

決勝トーナメント

 2006 FIFA World Cup Germany、いよいよ決勝トーナメントだ。今晩から本物のワールドカップが始まる。負けたら終わりの本気の真剣勝負だ。

 決勝トーナメント進出の顔ぶれはほぼ予想通りだ。番狂わせは、チェコが敗退したくらい。チェコはアメリカ戦では見事なサッカーを見せたが、ガーナには2-0で完敗した。FWコレルのアメリカ戦での負傷と、バロシュが、イタリア戦には登場したものの、大会直前に怪我をして本調子でないのが響いた。ネドベドが見られないのが残念だ。

 ポルトガルvsオランダが屈指の好カードだが、全試合楽しみだ。アルゼンチン、ブラジルが個々の能力で飛び抜けているが、勝負はわからない。一発カウンターとか、壺にはまったロングシュートとか、PK戦でやられるかもしれない・・・

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/06/19

柳沢のクリアー

 個々のプレーについてあれこれ言うのはどうかと思うが、このプレーだけは書かずにいられない。

 サッカーワールドカップ、クロアチア戦。ペナルティエリア右側を加地が深くえぐって、柳沢にラストパス。キーパーは完全に右に振られていて、真正面のゴールはがらあきだ。蹴らなくても体に当てるだけではいった。信じられないプレーだった。柳沢はなんと右足のアウトサイドでキーパーに向かってキック。キーパーの股間を抜けて、ボールはゴール右側に外れていった。まるでデフェンスがクリアーしたかのようなプレーだった。しつこいが、自分の正面のゴールはがら空き、キーパーは右に振られてゴールの左側4分の3は空いていた。足にギブスしていても入れられるシュートだった。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/12

いよいよ日本登場

 2006 FIFA World Cup Germany。いよいよ今夜10時、オーストラリアと激突する。実力を遺憾なく発揮して欲しい。
 これまでの8試合を見てみると、引き分けは1試合のみと非常に少ない。残り7試合は先取点を取ったチームが勝利している。引き分けの試合は0-0だから、先取点を取ったチームはすべて勝ったことになる。各チームの実力が接近してきているので、先に点を取ると試合運びが楽になり断然有利となる。日本も早い時間に点を取って楽になりたい。

ページの先頭へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アルパインクライミング インドアクライミング2004 インドアクライミング2005 インドアクライミング2006 インドアクライミング2007 インドアクライミング2008 インドアクライミング2009 インドアクライミング2010 インドアクライミング2011 インドアクライミング2012 インドアクライミング2013 インドアクライミング2014 ウィーン・プラハ グルメ スキー スペイン ニューヨーク パソコン・インターネット パリ・ローマ フィレンチェ・ベニス・ミラノ フランス南西部 フリークライミング2004 フリークライミング2005 フリークライミング2006 フリークライミング2007 フリークライミング2008 ブルノ・オロモウツ・ヘルシンキ・タリン ブルノ・ブダペスト・ウィーン ワールドカップ2006 上海・蘇州 動画 山・クライミング情報 山小屋・テント場 山歩き2003 山歩き2004 山歩き2005 山歩き2006 山歩き2007 山歩き2008 山歩き2009 山歩き2013 山道具 日記・コラム・つぶやき 沢登り 温泉 無線 自転車2007 自転車2008-1 自転車2008-2 自転車2009-1 自転車2009-2 自転車2010-1 自転車2010-2 自転車2011-1 自転車2011-2 自転車2012-1 自転車2012-2 自転車2013-1 自転車2013-2 自転車2014 講習会 GPS NFL2004 NFL2005 NFL2006 NFL2007 NFL2008 Twitter